一般内科

こんなお悩みはございませんか?

  • 熱がある
  • 頭が痛い
  • 胸が痛い
  • 動悸がする
  • めまいがする
  • 体がふらつく
  • 嘔吐・吐き気がある
  • お腹が痛い
  • よく下痢・便秘になる
  • 手足がむくんでいる
  • 血圧が高いので心配
  • 糖尿病などの生活習慣病が心配
  • 血糖値・コレステロール値が高いと指摘された

など

このような症状・お悩みはございませんか?
気になることがある場合には、お気軽に大阪市鶴見区の藤山診療所までご相談ください。

頼れる地域のかかりつけ医として、皆様の健康をお守りします

「おかしいな?」と思った時はすぐにご相談ください

「おかしいな?」と思った時はすぐにご相談ください

発熱、咳などの風邪の症状から、胃痛や胃もたれ、胃のむかつき、吐き気、下痢・便秘まで、お体に何か不調を感じた時には、お気軽に当院までご連絡ください。

頼れる地域のかかりつけ医として、丁寧にお困りの症状をおうかがいして、その方の症状に合った検査・治療をご提案させていただきます。

「どの科に行けばいい?」という時も気軽にご連絡ください

「何となく体調が優れない」「どの科にかかったらいいかわからない」という時も、お気軽にご相談ください。

当院で対応可能な場合には、最適な検査・治療をご提供いたしますし、対応が難しい場合や、専門外の場合には、適切な医療機関をご紹介させていただきます。

地域の健康相談の窓口として、お体の不調をお感じの方へ丁寧にアドバイスさせていただきます。

一般内科で診る主な疾患

急な体調不良

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 気管支炎
  • 急性胃腸炎
  • 扁桃腺炎

など

慢性的な疾患

  • 慢性胃炎
  • 逆流性食道炎
  • 慢性腎疾患
  • 慢性呼吸器疾患
  • 慢性心疾患

など

生活習慣病

  • 糖尿病
  • 高血圧症
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 痛風(高尿酸血症)
  • メタボリックシンドローム

など

アレルギー症状

  • 花粉症
  • アレルギー性鼻炎
  • 喘息
  • 蕁麻疹

など

一般内科で受けられる主な検査

骨粗しょう症の検査

骨粗しょう症の検査

骨粗しょう症とは、骨密度(骨の強度を表す指標)が低下することで、骨がもろくなり、ちょっとした転倒でも骨折しやすくなる病気です。

骨粗しょう症が発症する原因は様々ですが、主なものとして「閉経にともなう女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量の減少」や、「カルシウムの欠乏」などが挙げられます。

骨粗しょう症になり、背骨の圧迫骨折や、大腿骨の骨折などを起こすと、寝たきりの大きな原因となることがあります。

そのため、何歳になっても健康で活き活きとした毎日を送るためには、骨粗しょう症の早期発見・早期予防が大切です。

当院では、簡便に骨粗しょう症が調べられる検査を実施しています。
レントゲンで手の骨を撮影するだけで、今の骨の状態が調べられます。

これまで一度も骨粗しょう症の検査を受けたことがない方や、50歳以上の方などは、一度当院で検査を受けられることをおすすめします。

呼吸機能検査(スパイロメトリー)

呼吸機能検査(スパイロメトリー)とは、呼吸機能検査器(スパイロメーター)を使って、喘息や肺炎など、慢性的な呼吸器疾患を調べる検査です。

喫煙や環境汚染、ストレス、アレルギーなどの影響により、近年、増加傾向にあるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の発見にも役立ちます。

心電図検査

心電計を使って心臓全体の働きを調べて、心筋梗塞や不整脈など、心臓病の発見・診断を行う検査です。

心臓が正常に動作しているか、心筋などに異常はないかなどを確認することもできます。

お体の不調は「地域のかかりつけ医」の大阪市鶴見区・藤山診療所へ

発熱、咳、頭痛、めまい、吐き気、下痢・便秘、胃痛、手足のむくみ、アレルギー症状など、お体の不調をお感じの時には、お気軽に大阪市鶴見区の藤山診療所までご相談ください。

気になる症状があった時、最初に相談できる窓口として、皆様の不安やお悩みを丁寧におうかがいします。

診断の結果、胃カメラ検査・大腸カメラ検査などの内視鏡検査が必要な場合でも、日本消化器内視鏡学会専門医で、豊富な実績を持つ院長による信頼できる検査を受けていただくことができます。

top

06-6913-7307